帝都物語 邂逅編

【おでかけ】
こんばんは。
ニラの安売りがやたらと嬉しい自分です。



続きです。


奥方のおすすめで,スカイバス東京の2階建てバスに乗りプチ東京観光にくりだしました。

画像


この2階建てバスは屋根のないタイプで,車窓ならぬ露天の景気が望めます。

我々が乗り込みましたのは,皇居・銀座・丸の内コースです。
所用時間は50分ほど。
お手軽です。
ただしノンストップなので途中の乗り降りはできません。

皇居→最高裁判所→国会議事堂→銀座

東京駅近隣の名所を回ります。
若いバスガイドのおねいさんも乗り込んで,ほぼ50分間通して喋ったり歌ったりでした。

張り出した木々の枝や車高ギリギリの高架橋には手を伸ばせば触れそうです。
しかし,それをやってしまうとバスガイドさんに叱られそうなので自粛しました。


画像


こちらは銀座です。
何度か歩いて通ったところも,高い目線で見るとまた違いますね。

右側SONYビルの奥にあるビルはメゾンエルメス。
この画像では非常に見づらいですけど,屋上に鎮座しているる馬上の騎士像が掲げる旗は,エルメスの最新のスカーフであるとプチトリビアの泉をバスガイドさんからうかがいました。

スカイバス東京では,水陸両用バス・スカイダックで川を横断するコースもあるとのこと。
007のようです。
乗ってみたい。

バスを降りてからは東京駅向かい側のKITTEへ突撃。
日本郵便が展開している商業施設です。

地下にある味噌汁専門店「味噌元」でお食事タイムです。

画像


“とびうおのつみれの味噌汁”とごはんです。
ごはんはおまけ的なもので味噌汁が主役というコンセプト。
味噌汁時々ごはんの流れ。
こういうのもたまにはよいです。



突然ですがここで問題です。

広大な敷地などの大きさをわかりやすく表現する時に使うものは何でせう?

答えはこれです。

画像


これというかここ。
東京ドームです。

テレビでよく東京ドーム何個分という表現を耳にしますけど,なにぶんその基となる東京ドーム自体をよく知らないという悲しさ。
だから東京ドームを例えに出されても,「あ,はい」的な感想しかもてません。
いつか一度はその実物を見ておかねば。

とはいえ,野球観戦や遊園地目的でここに来たわけではありません。
元・紅玉天賢者の言葉とは思えませんが。
歩いていたら突然現れたのです(

本来の目的地はといいますと,奥方おすすめの東京ドームシティ・フードコートにあるお茶漬け屋でした。
まぁ隣の建物ではあるわけですが。

ドーム開場時間が近いのでせうか。
ジャイアンツのレプリカユニフォームを着用した方がたくさんおられました。
これも見ようによっては一種の宗教だよなぁ。

我々は花より団子。
フードコート内にある「こめらく」へまっしぐらです。

画像


“焼き鳥とつくねの黄金めし”です。
丼ものですけど,ある程度食したら付属のお出汁をかけましてお茶漬けとして食べます。
これが美味しすぎた。
奥方の注文した海鮮丼も美味しそうでした。

あとは近くにあったジャンプショップや,ジャイアンツショップをちらりと覗いて終了。
結局,東京ドームの正体については,何一つわかりませんでした。
東京ドーム何個分という単位の正体は,今もって謎のままなのであります。



気がついたら飯記事になっていたわけで。
ついでにもうひとつ。

夜の大塚駅前を奥方とさまよっていた時に怪しげなカレー屋さんを発見しました。
その名も1号カレー(店名)。
奥方の調べでは大阪発のカレー屋さんで,期間限定出店が好評だったため継続営業しているとのことです。

メニューは5種類のみ。
品名は店名にもなっている1号カレーから徐々にアップグレードしていく5号カレーまで。
字面からはまったく内容がわかりません。
とりあえず入店したものの勝手がわからず挙動不審になっていると,店長氏が厨房から出てきて1号から5号まで詳しく説明してくれました。
自分は店長氏おすすめの3号カレーを注文。

画像


煮込んだ牛肉と青ネギがトッピングされています。
カレーに青ネギの組み合わせは初めて。
このネギがシャキシャキでまったく臭みもありませんでした。
濃い味のカレーを邪魔するような感じではなく食感が新鮮なので美味です。
ウチの下の子は,幼稚園児の頃からネギやキムチが好きという子なので,家でもやってみたいところです。
でも,たぶん特殊なネギを使ってると思うので無理っぽいかも。

奥方は2号カレー小盛り。
青ネギがおそろしく大量に乗っているカレーです。
小盛りはごはんとルーの量が2/3程度に減る代わりに,黒烏龍茶がセットになります。
いいね。
これもリピーターになりたいところ。


お腹減ってる時に食べものの記事を書いていてはいけません。

ちなみに食道楽の我々が尊敬しているのは,良くも悪くも食のファンタジスタ・彦摩呂氏です(





【ゲセン】

夜の渋谷へ突撃します。

昼でも夜でも行き交う人々はやはり多いです。
ここでは会食のお約束があります。
約束の時間までは,BOOKOFFやタワーレコードなどへ。
タワレコの件については,いろいろありますので次回記事にて。

道産子の自分も,だいぶこのあたりの道にも慣れてきました。
とはいえ,自分的にはアドアーズを大体の目印にして道を覚えているので,もしアドアーズが撤退してしまいますと,たちまち渋谷で迷子になり得ます。

まさかゲセンの進退が自分の死活問題になろうとは。
 ↑
弱すぎw


空いた時間に少々qmaもやったわけです。
ちょっとまとめておきます。
写真につきましては,以前の記事に載せたので割愛します。

・渋谷TS
 
B1Fにあったものの,またしても設置場所が変わっていました。
しかも4台→2台に減台されています。
かつて自分が訪れた際には4台でも満席のことが多かったのですが。
ちょっと謎。

・渋谷会館モナコ

知らぬ間に閉店してました。
張り紙によると昨年の8月らしい。
盛者必衰。

・アドアーズ渋谷

こちらも設置場所が中央寄りに変わっていました。
相変わらず4Fにあり,行き来が大変です。
しかしエレベーターを発見したので次からは楽ちん。
告知によると日曜日はモーニングサービスがあるらしい。
投入金額500円までは,100円2クレのサービスになるとのこと。
hkdtの殿様商売のお店にも見習っていただきたいものです。


そしてアドアーズの1Fプライズキャッチャーコーナーにて奇妙なものを発見しました。

画像


ん?
んん?
これはーーー!

知る人ぞ知るhkdtのお隣・北斗市で生まれた今一番カルトなゆるキャラ・ずーしーほっきーではないですか!
マスコット化されて,まさかの全国展開。
そして渋谷のど真ん中でご対面とは。

これは地元でも見たことありませんぞ。
自分が知らないだけかもしれませんけど。
テンション上がるわ↑

よくみると隣のエリアのプライズは「進撃の巨人」ですぜ,おい。
大人気漫画と肩を並べるとかスゴ過ぎでせう。

しかし,これだけワサワサと数が揃うと,なんていうか心のナイーブなところに働きかけるものがありますね・・・。
背中が痒くなるというか。
ずーしーほっきーの群れとか考えたくないですからー。

そのうえ,貼ってあった告知によると「立ち」,「走り」,「げっそり」という謎の3段バリエーションを展開していました(

画像


ずーしーほっきーは進化する生き物。
「ホキホキホキー!」
hkdtに逆輸入はよ。

奥方と盛り上がっていると,威風堂堂と現れたイケメン学生が500円を費やして1匹ゲットしていきました。
これをカバンにつけていると渋谷ではモテる(確信

ずーしーほっきー日本侵略計画は,水面下で着々と進んでいるようです。
なんとかしなければ。



続きます。



次回予告


半日の自由時間を得たO2はプチ観光に繰り出すことに。
その目的地は3箇所。
激しく降り注ぐ日差しの中を単身向かったところは・・・。
西尾維新氏ばりに100%趣味で書きました。


帝都物語 巡礼編


カミングスーーン。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い